icloudプラスの解約方法は?解約したらデータ消える?写真の保存方法をチェック!

icloudプラス 解約

やっぱりこんなに容量いらなかった…

解約したい…

写真やファイルのストレージを増やすことのできるicloudプラスは、iPhoneからすぐに購入、利用が可能です。

ですが、「やっぱりこんなに容量いらなかったな…」「解約したい…」と考える方もいらっしゃるでしょう。

この記事ではicloudプラスの解約方法解約したらデータはどうなるのか、現在お持ちの写真やファイルなどのデータの保存方法について解説します。

目次

icloudプラスの解約方法

icloudプラスの解約はiPhoneから簡単に行えます。

STEP
【設定】「ユーザー名」をタップ

はじめにiPhone【設定】アプリを開き、上部にある「〇〇(あなたの名前) AppleID、iCloud+、メディアと購入」を開きます。

STEP
「icloud」をタップ

開いた画面の中部にある「icloud」を開きます。

STEP
「ストレージを管理」をタップ

画面上部の「アカウントのストレージを管理」を開きます。

STEP
「ストレージプランを変更」をタップ

画面上部の「ストレージプランを変更」を開きます。

「ストレージプランを変更」の欄に現在あなたが購入しているiCloudストレージが表示されています。

STEP
「ダウングレードオプション」をタップ

画面下部にある「ダウングレードオプション」を開きます。

STEP
パスワードを入力

あなたのAppleIDパスワードを入力して「管理」をタップし進めます。

STEP
「5GB 無料」を選択

画面下部の「5GB 無料」をタップします。

STEP
「完了」をタップ

画面右上の「完了」をタップします。

STEP
「ダウングレード」をタップ

最後に確認画面が表示されますので「ダウングレード」をタップし、icloudプラスの解約完了です。

icloudストレージプランを解約するとどうなる?写真やデータ消える?

結論から伝えると、写真やデータが消える可能性があります。
下記の作業をicloudプラスの解約前に行いましょう。

iCloudプラスを解約すると使用可能な容量が5GBとなります。

そのため現在のストレージ使用量が5GBを超えている場合は、データが削除されてしまいます。

5GBを超えて容量を使用している方は、必ずデータの整理やバックアップを行いましょう。

・データの整理をする

お持ちのデータが5GB以内であればicloudプラスの解約後も問題なくデータ保存できるため不要な写真や動画は削除しましょう。

現在のデータ量が5GB以内であるかの確認iPhone【設定】 → 【ユーザー名(あなたの名前)】 → 【iCloud】より行うことができます。のバックアプをとる

・データのバックアップをとる

不要なデータを削除しても5GB以内に収まらない場合は、データのバックアップをとりましょう。

USBメモリSDカードへ保存しておくか「Dropbox」「Googleドライブ」などのクラウド上にバックアップしましょう。

「Googleドライブ」は操作手順も少なく手軽にバックアップをでき、おすすめです。

icloudプラス130円が解約できない時の対処法

先ほどの手順で解約できない場合、下記をご確認ください。

解約予約が既にされているか確認

icloudプラスの解約手順を前に記載した手順で行っても「完了」がタップできない場合はすでに解約予約が済んでいる可能性があります。

その場合、解約画面上に「有効期限:〇/〇/〇」と有効期限の表示がありますので新たに解約手続きを行わなくても、表示にある有効期限でicloudプラスは解約されます。

別のApple IDでサインインしてないか確認

複数のApple IDをお持ちの場合は、icloudプラスを契約した際に入力したApple IDと同じIDであるかの確認をしましょう。

現在サインインしているAppleIDの確認は、iPhone【設定】 → 【ユーザー名(あなたの名前)】 をタップするとあなたのユーザー名の下に表示されます。

デバイスの再起動

上記で解決しなければ、デバイスの再起動をしてみましょう。

iPhone X、11、12、13 以降を再起動する方法

  • 片方の音量調節ボタンとサイドボタンを長押しし、電源オフスライダが表示されたら離す
  • スライダをドラッグし、デバイスの電源が切れるまで 30 秒ほど待ちます
  • デバイスの電源を再び入れるには、(iPhone の右側にある) サイドボタンを Apple ロゴが表示されるまで長押し

iPhone 6、7、8、SE (第 2 または第 3 世代) を再起動する方法

  • サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押し
  • スライダをドラッグし、デバイスの電源が切れるまで 30 秒ほど待つ
  • デバイスの電源を再び入れるには、サイドボタンを Apple ロゴが表示されるまで長押し

Appleサポートへの問い合わせ

それでも解決しない場合はAppleサポートに問い合わせましょう。

  • ブラウザを開きAppleサポートをクリック
  • 入力欄に「icloudプラス」と入力
  • 画面下部の「チャット」か「電話」の選択欄を選択
  • 「icloudプラスを解約したい」と問い合わせる

また解説のすべてを行っても難しい場合は下記のコンテンツも併せてご覧ください

その他、icloud130円プランが解約できない原因の多くはandroidの可能性も・・・

icloudプラスは無料で利用できる?

icloudプラスは下記の料金で利用できます。

また無料で使用できるicloudの容量は5GBです。

スクロールできます
50GB200GB2TB
月額130円月額400円月額1,300円
Apple

icloudプラスの解約についてよくある質問

iCloudプラスのやめ方は?

iPhone設定→ユーザー名→iCloud→アカウントストレージを管理→ストレージプラン変更

より解約可能です。

iCloudを解約するとどうなる?

データの保存容量が5GBになります。

現在のデータ使用量が5GBを超えている場合データが消える可能性があるのでicloudプラスの解約前にデータのバックアップをとることがおすすめです。

iCloudストレージ 50GB 無料 いつまで?

故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージをご利用の方は4年間無料でご利用可能です。

iCloudを解約したらデータは消えますか?

5GB以上のデータ容量を使用している場合は、データが消えてしまう可能性があります。

icloud解約前にデータのバックアップをしましょう。

まとめ

icloudプラス解約方法、解約するとデータはどうなるのか、データの保存方法を解説しました。

iPhoneで簡単に行うことができるため、icloudプラスの解約を検討していた方はぜひご参考になさってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次